職業訓練を考えている人へ~普通の人からあなたに~

はじめまして、やまどりと申します。

「職業訓練って聞いたことはあるけど、実際は何をやっているんだろう?」
「デザイン系の特技や趣味を持っていなくても、勉強はついていけるだろうか?」

そんな職業訓練校の受講を迷っているあなたに、私の体験談をお届けします。

1. どっちつかずな自分から

まずは簡単に私の経歴をお話しします。

前職を離職後、自分はこれから何を仕事にすべきか全くわからず、ただ途方に暮れていました。
以前から事務系の職種で何社か勤めていたものの、どれも社歴も短く、胸を張れるような資格も持っていません。
幼い頃から絵を描くことやモノづくりには興味はありましたが、技量はイマイチ。

「とにかくこれからの将来のためにも、何か勉強がしたい」
「これまでの経歴を活かしつつ、新しいことがしてみたい」

思いはあれども、何をしていいのかわからない。そんなときにハローワークで見つけたのは、職業訓練という選択肢でした。

2.職業訓練という選択肢

「職業訓練校と呼ばれる場所がある」
「そこでは知識が無くても、専門的な勉強を無料(教科書代実費)で学ぶことができる」

職業訓練校そのものは前から知っていましたが、この2つのこと以外まったく知りませんでした。しかしハローワークやインターネットで調べていくうちに、

「何をしていいかわからないのであれば、新しいことを始めてみるチャンスなのではないか?」

という思いが頭をよぎりました。
聞けば今回が2018年内最後の募集とのことだったので、慌てて訓練校を見学しました。

アジャストアカデミーに惹かれた最大の理由は多彩なカリキュラムでした。自分に何が向いているのか分からなかったので、とにかく多くのことを勉強したかったからです。また見学会の際に希望職種を伝えたこと、そして実際に希望通りの求人があり、修了者がその職にいたことも決め手になりました。その後面接を経て、晴れてアジャストアカデミーの訓練者になることが出来ました。

3.新しい情報の習得

新しい情報に触れるということは、とても面白い反面、意外と疲れます。
日々新しい情報に吸収するのは、こんなにも体力がいることなのかと思い知らされました。

授業では、サイト構築に必要なHTMLやCSS、画像加工に必要なPhotoshopやIllustrator、プログラミングやWordPressなどWebに関することを4か月半かけて学びます。
授業のペースは早めな印象ですが、疑問は先生にいつでも質問できる環境です。余裕があれば自分でさらに内容を発展、深化させていくこともできるでしょう。

定期的にやってくる日直のスピーチとプレゼンも忘れられない体験です。制限時間内に伝えたい内容をまとめて話すことは、普段から慣れている方以外ではとても難しく感じることでしょう。

何を伝え、どのくらいのスピードで話せば相手に伝わるのか。
そのために何を調べればいいのか、その情報は信頼できる情報なのか。

当時の自分のスキルでは難しい課題もあり、一筋縄ではいかないこともありましたが、そのぶん得たものや学び続けたいと思ったことも多くあった4か月半でした。

4.4ヵ月後のあなたに

12月に始まった勉強も気がつけば、あっという間に4月を迎えました。アカデミーで身に着けたスキルは勿論、メンタルの部分でも大きく成長できたと実感しています。

現在、私は訓練校を運営しているアジャストでのバイトと平行しつつ、転職活動をしています。理想の職に就けるよう、これからも努力していきます。

これから何かを成し遂げたい人も、未知のことへ挑戦したい人にも職業訓練という道をのぞいて見てはいかがでしょうか?

(文/やまどり 写真/写真AC、ぱくたそ)

あわせて読みたい