Laravel 新規投稿フォームの作成とデータ保存

PHP学習記録

こんばんは!

今日はpaizaのLaravel学習で「新規投稿フォームの作成」&「投稿されたデータの保存」の方法と流れを学びました。

新規投稿フォームの作成は⇒コントローラー(ArticleController.php)の storeとcreateメソッドを 修正する。

public function store(Request $request)
{ $article = new Article;
$article->content = 'Hello BBS';
$article->user_name = 'paiza';
$article->save();
return redirect('/articles');
}
public function create(Request $request)    
{ $message = 'New article';
return view('new', ['message' => $message]);
}

新規投稿記事の保存は⇒viewで右クリック⇒新規作成でnew.blade.phpを追加。以下内容のviewを作る。

@extends('layout')
@section('content')

paiza bbs

{{ $message }}

{{ Form::open(['route' => 'article.store']) }}
{{ Form::label('content', 'Content:') }} {{ Form::text('content', null) }}

{{ Form::label('user_name', 'Name:') }} {{ Form::text('user_name', null) }}

{{ Form::submit('作成する', ['class' => 'btn btn-primary']) }} 一覧に戻る

{{ Form::close() }}
@endsection

コントローラーのstoreメソッドを以下内容に書き換え。

 
public function store(Request $request)
{
$article = new Article;

$article->content = $request->content;
$article->user_name = $request->user_name;
$article->save();
return redirect()->route('article.show', ['id' => $article->id]);
}

でした!

ブログに纏める時間が持てて良かった:)

次回からLaravel入門編3に入ります!

それでは。御覧いただきありがとうございました!

カテゴリーPHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA